ホーム
営業品目案内
各店舗配置図
南平岸店ピアハーブ
真駒内売店ピアハーブ
野菜好評発売中
ピアハーブの様子
フラワーウエディング
過去のコラム
園芸療法とは
協会案内
お知らせ
ケア観光
造園部業務案内
しめ飾り
■単位振替授業
資格取得講座
保険外診療
イネーブルガーデン
園芸療法関連商品
お問合せ・申し込み
写真集・園芸療法植物

 

★★★ すべての人々にささげます。植物と握手をしましょう。共に生き、身も心も可能になる あなたへ ★★★

※ホームページが新しくなりました。新ホームページはhttp://www.npo-engei.com/です

 ← ここをクリック

  園芸療法士として、当協会で一緒に働きませんか。当協会では、資格取得講座修了後、
 園芸療法士として障がい者の支援相談業務を担っていただく方を募集しています。

  今年は、約30名の園芸療法士を育成いたします。          
  
  ※詳細は、当協会までお気軽にお問い合せ下さい。TEL 011-596-2950(担当:中島)

 ← ここをクリック

 就職に強い! 

 独立開業可能


 病院勤務(主に精神科)
 の需要が急増中
 


 就労継続支援A型事業
 に参加できます。

 

 〆
年齢制限なし

 〆 通信制だから働きながらでも取得可能 
 〆 1年以内で取得
 〆
検定試験は年2回
 〆
費用は、36万円
(これ以外の費用は一切ありません)
 


角丸四角形: 店舗開設
角丸四角形: 正園芸療法士講座受講


資格取得!

行政提出書類、費用、店舗物件等詳細は当協会がバックアップしますのでご安心ください。
たこやき・大判焼・野菜などを販売する小さな店舗(約10平米)から始めることができます。

 ○募集随時受付中 パンフレットのご案内

  新規更新内容

  ○園芸療法士資格取得講座のご案内      更新年月日(H22.08.09)
  ○資格取得講座                   更新年月日(H22.06.23)
  ○受験内容詳細                   更新年月日(H22.06.23)

〇NPO法人 日本園芸療法士協会 講演会 好評にて終了!  

開  催  日:平成24年9月7日(金)18:00~20:00
開  催  場:札幌市中央区北4条西4丁目1 札幌国際ビル8階
聴講者数:約160名

    ~ ご多忙中、多数ご参加くださいまして、誠にありがとう御座いました。 ~


日本園芸療法士協会は、国際モダンホスピタルショウ2009 (7/15-7/17・東京ビッグサイト)
 に出展いたします。ふるってご来場ください。

 国際モダンホスピタルショウ 公式ホームページ

 介護ゾーン D15に出展しています。

〇ケア観光 ~予防回復(園芸療法)付き~ 参加者募集中!

 平成21年7月3日(金曜)~5日(日曜)2泊3日 ケア観光に参加しませんか?

 詳しくは、電話(011-596-2950)でお問い合わせください。(窓口 中島)


  当日本園芸療法士協会は、ビジネスEXPO「第22回 北海道技術・ビジネス交流会」に、
 参加しました。

 日 時:平成20年11月13日(木曜)10:00~17:30

               14日(金曜) 9:30~17:00 

 場 所:〒001-00021 札幌市白石区流通センター4丁目 TEL 011-865-5811

 出展ゾーン:②環境・バイオビジネス展示ゾーン

 ★「心を癒す園芸療法」を無料で体験
 *くわしくはビジネスEXPOのサイトをご覧ください。


 当日本園芸療法士協会の関西支部(兵庫県)園芸療法ガーデンの施工が始まりました。


 札幌市南区保護司会研修部長 吉成まり子様の投稿を紹介いたします。(中略あり)

「園芸療法ガーデン見学」

 自主研修として園芸療法ガーデンを拝見させていただきました。

白川栽培場では、15名程の利用者が様々な園芸療法を受けながらハーブ・花等植物栽培をしておりました。レモンバームに触れる、カモミールを裸足で踏み、触角を刺激し、又、水琴窟では、水を流して自然の音を聞き、セラピーハウスでは、囲まれた環境の中で不安感を取り去り鉢植を触りながら土の中から根を見出し、安定した心を取り戻す行為等、貴重な体験をさせていただきました。

心身に障害のある人、及び非行少年、刑余者も受入れ対応があるようです。

自然行動観察により五感を刺激し、どの部分が優れているかを発見し、就労支援の場としてピアハーブ南平岸店、真駒内店、澄川店では、野菜・ハーブ・花等接客販売をしております。

心を癒す園芸療法とは、人と植物を結び植物を育てる行為によって心と身体の障害を除き、植物に触れることで自然と人間の関わり合いを理解し心を育て、病んだ心と身体機能の回復を目指しているとのことでした。

吉成様ありがとうございました。


 平成21年正月を飾る「新春アレンジしめ飾り」を販売しています。小さな部材の製作から組み立てまで全て手作りの受注生産です。

パンフレットの請求・ご注文・お問い合わせは、

電話011-596-2950 またはFAX 011-596-2997
でお待ちしています。

写真は一例です
No7No11


 当日本園芸療法士協会の関東支部が、かねてより千葉県に申請しておりましたが、平成20年7月1日付けで「障害者自立支援法による指定障害福祉サービス事業者(雇用A型)」に指定されました。地域の障害をもっている方の就労先となります。

関東支部前にて

ガーデンにあるセラピーハウス

















続いて兵庫県の支部でも申請準備中です。

店 舗


障がい者手帳をお持ちの方で、働きたい方いませんか?

お知り合いの方、ご近所の方で自立したいと考えている方がいましたら、ご紹介ください。


当協会は、障がい者自立支援法に基づく〔指定障がい福祉サービス事業所 就労継続A型
就労移行支援型(多機能型)〕
に認定されており、就労することができます。

仕事の内容は、地下鉄内の当協会店舗での販売業務、製造(調理補助)、野菜・花の袋詰め、
ハーブ苗作り、野菜栽培等です。

精神障がい者手帳をお持ち手でない方で、躁うつ病・アスペルガー症候群等、精神病院の通院暦
6ヶ月以上の方は、病院の診断書を持って札幌市に申請すると、雇用できる可能性もあります。
当協会にご相談ください。

○     雇用賃金は、1時間719円です。
    (最低賃金除外申請が適用されることもあります)

○     履歴書、障害者手帳、印鑑をご用意ください。(面接有り)

○     遠方の方は、グループホームも設備しています。

    連絡先 011-596-2950(中島/松若 まで)


 平成20年9月18日(木曜日)、日本園芸療法士協会とワークセンター株式会社の合同で、ブドウ狩りに行きました。

朝9時に出発し、泊村で昼食をとったあと、仁木町へ。さわやかな秋の晴天の中、額に汗しながらブドウ狩りを楽しみました。


障害者自立支援法(サービスの利用)に基づく生活援助のグループホームです。

住所:札幌市南区常盤5条2丁目97(地下鉄真駒内駅より中央バスで10分位)

〔例:Aさんの場合〕 
グループホームに入居し、地下鉄真駒内駅構内売店で勤務

雇用A型賃金(給料)  46,000               (22日勤務)
障害者年金   70,000
グループホーム入居料    -40,000(部屋代、光熱費、1日3食付き)
   残  76,000 (自由に使えるお金)


 平成20年7月23日(水)から札幌市西区において、レンガ敷工事を実施しました。

掘削→転圧→砂投入→レンガ敷設→残土処分・搬出→仕上げまで計7日間の工程で行い、同7月31日に完成しました。

また、レイズドベッドと木製の郵便ポストを設置し、園芸療法を実施できるような自然味のあるやわらかい空間になりました。

整備前

整備後

〔レンガ敷工事のようす〕

水糸張り、掘削

レンガ敷、目地砂入れ

レンガ縁決め

仕上げ

「庭にレンガを敷いてほしい」「花を植えてほしい」「草取りをしてほしい」「園芸療法の機材がほしい」「木の剪定をしてほしい」など、要望がございましたら、どうぞお気軽に連絡ください。お待ちしております。

*工事手間の価格については、お問い合わせください。    担当 園芸療法造園部 坂本


平成20年6月19日(木)、20日(金)、21日(土)の3日間、札幌ドームにて北海道洞爺湖サミット記念・環境総合展2008が開催され、当協会は「環境啓発・エコライフ」の分野で、屋外エリアに出展いたしました。

当協会では植物の力で人間の心と体を回復させる園芸療法をより多くの来場者に知っていただけるよう、園芸療法の紹介だけでなく園芸療法の体験コーナーを設け、園芸療法を肌で感じていただけるような場としました。

園芸療法体験コーナーでは「ミニ盆栽」の療法プログラムを行い、子供からお年寄りまで3日間合計で43名の方に園芸療法を体験していただくこととなり、大変意義のあるイベントになったと同時に、園芸療法に対する関心が徐々に高まってきているような気運を感じ取ることができました。

子供たちの園芸療法体験

子供にかえって土や植物と触れ合う


当協会の就労継続A型(雇用型)に所属している加藤 雄大さんが、平成20年6月22日関東で行なわれた〔関東身体障害者水泳選手権大会〕に出場しました。クロール50メートルの部で、みごと★金メダル★を受賞しました。おめでとうございます!!


■第5回ケア観光の参加者募集中です。平成20年9月19日(金)~21日(日)

平成20年度は、最後のケア観光となります。ぜひご参加ください。

■平成20年度第1回目ケア観光を終えて

 今年の第1回目のケア観光が始まりました。

札幌・富川・喜茂別と3回の園芸療法の評価は旅を重ねるごとにストレス値は下がっていきました。植物利用の五感の刺激は、30分の療法中に、顔の表情や身体の動きがみるみるうちに変化していくことを考えると薬では体感できないものであります。療法士の行動観察がよりいっそう評価されることを望みます。
                                               平成20.6.25 瀬山記

■平成20年度ケア観光の様子
               


十五島公園の清掃と花壇管理をしています。

 当協会では平成20年度から札幌市より十五島公園清掃業務の委託を受け、「地域参加の園芸療法」をテーマに週1回(月曜日)障がい者のみなさんが元気に清掃作業を行っています。すでに8回ほど作業を実施しておりますが、近隣のみなさんの暖かい励ましの言葉が障がいを持つ方たちの何よりの心の支えになっております。今後とも地域の美しいまちづくりに微力ながら貢献できますようがんばっていきたいと思いますので、引き続き暖かいご支援をお願いいたします。
 また、札幌市から許可をいただき、十五島公園内駐車場側の花壇植栽・管理のボラティア活動を行っております。この花壇ボランティア活動は「地域参加の園芸療法」の一環として地域に貢献するとともに、当協会の活動を地域に発信する「モデル花壇」と位置づけております。
 花壇には園芸療法によく使われるハーブ類(レモンバーム、オレガノ、タイム、バジル、ルッコラ等)や草花類(マリーゴールド、ナスタチウム、ペチュニア、百日草等)が植えられています。
ハーブの葉を取って料理やティーに使うこともできますので、ぜひお気軽にご利用ください。


精神的安らぎを介護に園芸療法

日高管内日高町の介護事業所「富川グロリアホーム」は三年前から、自立支援と精神ケアのため園芸療法を取り入れている。

管理者の葛西ゆかりさんは「利用者は五感の刺激を受け、精神的な安らぎを感じている」と効果を喜ぶ。

同ホームでは葛西さんを含めNPO法人日本園芸療法士協会(札幌)認定の園芸療法士の資格を取得。ハーブ栽培のほか、ハーブを生かした喫茶店経営にも取り組んでおり、「地域住民にもハーブの良さを広めたい」

平成20年5月26日 北海道新聞に掲載されました。


 平成20年5月17日(土)午後1時より、第4回日本園芸療法学会・平成19年度園芸療法活動発表会が開催されました。

開会のあいさつ、平成19年度の活動報告のあと、研究・事例報告では、障害者の社会参加の園芸療法、園芸療法と心拍変動係数との関係、統合失調症患者への園芸療法、高齢者への園芸療法、園芸療法機材の開発等、多岐にわたる研究の成果が発表され、大変意義のある学会になりました。

谷口学会長より開会のあいさつ瀬山理事長より活動報告
活動報告研究・事例報告

 学会終了後は午後3時30分すぎより当協会の園芸療法ガーデン開きが行われ、
ジンギスカンを囲みながら、園芸療法の話題に花が咲きました。


《ハーブのお店ピアハーブ澄川店》が平成20年1月31日にOPENしました。

お店のコンセプト


植物関連商品販売+ハーブ喫茶+園芸セラピーが一体となった、

安心と健康を追求した、人と自然にやさしい植物のお店づくりをめざします。

販売部門(ハーブを使った商品・無農薬野菜・無農薬米など)喫茶部門(ハーブティ・ハーブクッキーなど)
園芸療法(当協会正園芸療法士が療法します・要予約)製造部門(ハーブおにぎり、ハーブ蒸しパンなど作ります)

■営業時間は8時00分~19時00分になります。

■営業品目案内

■各店舗配置図

■園芸療法の対象者・・・うつ病・発達障がい・登校拒否・脳卒中後の療養中の方などの、回復したい方におすすめします。

☆話題☆ 
Tくんの発表Kさんのはんこいれ


①リハビリテーション科の病院で、業務に園芸療法が取り入れられ、当協会の正園芸療法士の就職がきまりました。
園芸療法ガーデンと療法士付の委託業務を提案し、新規の病院業務になっています。
②平成19年の7月から通信教育と、スクーリングを選択し、園芸療法授業の途中で精神病院に内定しました。
③グループホーム・デイケアサービス事業をもっている内科病院で11月25日の検定試験で7名の正園芸療法士が誕生の予定です。


 平成20年7月20日(日)午前10時から、正園芸療法士検定試験が行われました。

今回は札幌本部で3名、京都で1名の計4名が試験に挑み、同7月28日(月)に4名全員が合格しました。

おめでとうございます! これからの正園芸療法士としての活躍を期待しています。














  検定試
       札幌本部検定試験のようす


〔最近のピアハーブ〕ハーブの店『ピアハーブ』で働いて社会参加をしている方たちは、最近、身体・精神の状態が良くなってきているように思う。販売商品が植物が多いので、仕事でも人間と植物の関係になっている。それが心身の安定につながっていると思われる。瀬山 2007.8月

仏花取り揃えています。切花¥100~、仏花¥400~


地下鉄南平岸駅構内に、《ピアハーブ南平岸店》がOPENしました。

地下鉄真駒内店に継ぐ、第2号店です。新しい商品もたくさん取り揃えていますので、ぜひお越しください。

南平岸店の様子と一言 7/10記


造園部業務案内へ

園芸療法ガーデンとは、

①    バリアフリー、ユニバーサルデザインであること。

②    自然物で囲われた空間であること。

③    五感を刺激する空間であること。

④    人と植物・自然が共生する空間であること。

⑤    危険なものが存在しない空間であること。

以上の5つの思想が込められた、「素朴さ」を感じさせるガーデンであることが求められ、ここがおしゃれなガーデンニグを志向したガーデンとの大きな違いです。

「園芸療法ガーデンのデザインをお願いしたい」「玄関前にレンガを敷いてほしい」「雑草を取ってほしい」「花壇に花やハーブを植えてほしい」「園芸療法機材を購入したい」「園芸療法ガーデンとはどのようなものか、1度お話を聞いてみたい」など、興味や要望がございましたら、電話、ファックス、メール、何でもかまいませんので、お気軽に連絡・ご相談ください。お待ちいたしております。

設計・デザイン、広報担当  坂本 <メール Tel:011-596-2950> 


~当協会と単位振り替え授業・単位互換を行う大学・短期大学を募集しています~

 当協会が運営する「日本園芸療法学園」では、全国の大学および短期大学を対象に、単位振り替え授業並びに単位互換を提携する参加大学・短期大学を募集しています。

 アメリカで発祥した園芸療法という分野が20世紀末に日本に来てから、園芸療法の普及及び指導者の養成に向け日本全国の6つの短期大学に園芸療法コースが設置されました。また最近は大学においても園芸療法のコースの導入が検討されはじめるなど、環境重視、癒しを求める時代を背景に園芸療法という分野が注目され、新たな学問分野としての確立が待たれているところです。

 当協会では2003年の設立以来日本園芸療法学園を運営し、「正園芸療法士」の資格取得講座の開設並びに正園芸療法士の養成に努めてまいりました。現在では多くの正園芸療法士が全国で活躍しております。

単位振り替え授業について

単位互換について


当協会では約3年前から園芸療法ガーデン及び木造温室にて、園芸療法の保険外診療(2000円~/1回)を行っており、経験豊富な園芸療法士が年間を通じて皆様を受け入れる体制を整えております。
障害を持っている方々の各々にあった園芸療法メニューを計画・実施しております。例として、うつ病患者さんが3ヶ月(毎週1回療法)で社会復帰した実例や、脳卒中で半身不随になった方が機能訓練として園芸療法を受け回復に向かっているなど多くの実例がございます。
 また障害を持っていない方々も心身の安定のため、予防として園芸療法を定期的に受けています。ストレスの多い日常生活からほんの少し抜け出して癒されたい方、園芸療法に興味のある方、一度足を運んでみて下さい。スタッフ一同心からお待ちしています。


園芸療法施設基準を満たした方(事業所)で園芸療法室を開設できます。

園芸療法施設基準は下記の要領です。

1.当協会の正園芸療法士資格者

2.日本園芸療法士協会から、協会の事業者番号を取得した者

3.正園芸療法士実務経験3年以上の者

4.園芸療法ガーデン及び室内園芸療法スペースを有していること

なお、詳細はお問い合わせ下さい。  

資格を取得した方は、園芸療法ガーデンあるいはその事業主,精神病院,,社会福祉法人障害しゃ作業所、高齢者デイケア作業所、グループホーム、大学などで「園芸療法室を開設」し活躍しています。その他、新たに探すとなれば、本人が働きかけてからするか、資格をとってから、提案してもらうことになります。
 


A様60代 女性 5年前にうつ病を発症しました。

初診時には、家族に両脇を抱えられ、歩くのもやっとという状態でした。そこで、1週間に1回のペースで園芸療法を行いました。

1ヶ月目は、基礎療法で、心身機能を観察しました。
2ヶ月目は、ハーブでの導入刺激と、自分が元気だった頃の回想により、表情と体の動きを観察しました。
3ヶ月目からは、意識と行動の可動域を広げていく心身への刺激メニューを与えて、A様の反応を観察していきました。

その結果、約9ヶ月でうつ症状は改善され、以前は3錠服用していた抗うつ薬が1錠に減ったという喜びの報告がありました。
                    



法務省の保護観察中の方、家庭裁判所の試験観察中の少年に、当協会正園芸療法士が園芸療法を実施しました。(期間・・2005年8月~2006年2月)

唾液中コルチゾール濃度の園芸療法前後の変化を測定したところ、保護観察中及び試験観察中の対象者では、およそ3~4μg/dlの低下、一般成人の対象者及び園芸療法士では、1~2μg/dlの低下を認めました。

従って、現時点では、園芸療法がリラクゼーション効果を持ち、ストレス低減に寄与する可能性は十分にあると考えられます。

  2003.12~
更新2008.12.8


 
Top